ふくらはぎのしびれの中には神経障害を疑った方がいい事例がある?

ふくらはぎがしびれるケースというのも、時々起ります。典型的なのは、正座を長時間行った時に発生する場合のしびれではないでしょうか?正座のようなふくらはぎに刺激を与えることでしびれが起きてしまった場合、リラックスした姿勢をしばらくとっていれば、徐々に症状は緩和されます。

 

ところが別に何も刺激を与えていないにもかかわらず、ふくらはぎにしびれを感じるケースもあります。このような場合には、何らかの神経障害を起こしている可能性があるので注意しないといけません。通常のしびれの場合、ジンジンとした違和感が典型的な症状として現れます。ところが神経障害が原因のしびれの場合、痛みを伴うケースがあります。

 

もし慢性的にふくらはぎにしびれを感じているのであれば、重大な病気に関係している可能性も否定できません。早めに医療機関を受信し、しびれの原因に関して詳しく検査してもらいましょう。

 

神経障害が原因でふくらはぎにしびれが起きると、足が通常よりも過敏な状態になりがちです。たとえば外出するときに普通に靴を履いただけなのに、足が赤く腫れあがるといった事例も報告されています。足が腫れるのもあまり起きる症状ではないので、心当たりのある人は病院に行きましょう。

 

ふくらはぎのしびれといわれれば、ふくらはぎの筋肉に異常が起きていると思ってしまいがちです。ところがほかの症状がふくらはぎのしびれとして起きているケースもあります。多いのが、椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などの腰に異常が起きているケースです。これらの病気は通常腰にも痛みが伴いますが、腰の症状はなしで足のしびれにとどまっているケースもありますので注意してください。

ふくらはぎ痛・むくみ・こむら返りを改善するサポーター

履いて寝るだけでふくらはぎを温める専用ウォーマー!!

こむら返りでお悩みの方に特におすすめ!!

累計販売数30万足突破の人気商品!!

公式サイトはこちら

   

つらいふくらはぎの疲れ・むくみ・冷えに

磁気・加圧・保温で血行改善!!

じわ〜っと効いてくる磁気医療サポーター!!

公式サイトはこちら