ふくらはぎのむくみ、原因を調べると病気が関係しているかも?

ふくらはぎのむくみが気になるという女性は多いはずです。一般的には一過性の症状で収まることが多いです。ふくらはぎのむくみが起きる一般的な原因としては、長時間同じ姿勢をしていたとか、冷え性を抱えている人などが考えられます。しかし中には、慢性的にふくらはぎのむくみの悩みを抱えている人も見られます。この場合、何らかの病気が隠れている可能性もあるので注意しないといけません。

 

慢性的にふくらはぎのむくみが起きている人の原因を見てみると、大きく3つの要因が関係しているといわれています。

 

まずは下肢静脈瘤という病気が原因のむくみです。静脈には、弁がついていて血液の逆流が起きないように工夫されています。ところがこの静脈の弁が何らかの理由で壊れるケースが考えられます。そうすると、血液の逆流を完ぺきに止められなくなります。その結果、血液が下半身にそのまま溜まってしまって、そのことがふくらはぎのむくみとなって現れるわけです。

 

2つ目の原因として考えられるのは、心臓障害です。心臓は本来ポンプの役割を果たすのですが、それがうまく機能しないことがあります。そうすると、血液を押し出す力が弱くなって、全身に流れなくなることがあります。その結果、血液が下半身に溜まりやすくなって、むくみを起こすわけです。

 

最後の可能性として、肝臓もしくは腎臓の障害があります。アルブミンという浸透圧の調整をする成分は肝臓で作られて、腎臓でろ過されています。ところがこのいずれかで何らかの問題が発生すれば、アルブミンの生成量も少なくなります。浸透圧の調整がうまくいかなくなって、むくみを起こすわけです。1週間以上経過しても、むくみが治らない場合には一度医療機関を受診してみてください。

ふくらはぎ痛・むくみ・こむら返りを改善するサポーター

履いて寝るだけでふくらはぎを温める専用ウォーマー!!

こむら返りでお悩みの方に特におすすめ!!

累計販売数30万足突破の人気商品!!

公式サイトはこちら

   

つらいふくらはぎの疲れ・むくみ・冷えに

磁気・加圧・保温で血行改善!!

じわ〜っと効いてくる磁気医療サポーター!!

公式サイトはこちら