ジョギング中にふくらはぎを痛めないようにするためのコツを紹介

ダイエットや健康維持のために、ジョギングをしている人は多いです。しかしジョギングをしてしばらくすると、ふくらはぎに痛みが走ったという経験はありませんか?なぜふくらはぎが痛くなるかというと、簡単に言ってしまってふくらはぎの筋肉の酷使が原因です。

 

ふくらはぎを痛めることなく、ジョギングを続けるためにはいかにしてふくらはぎに負担のかからない走りができるかにかかっているといえます。そのために気を付けるべきコツを紹介します。

 

まずはランニングフォームに注意しましょう。ふくらはぎを痛める人を見てみると、ジャンプするような走り方をしている人が多いです。ジャンプするような走り方だと着地するたびにふくらはぎに全体重がかかってしまって、負担が大きくなります。そこでイメージとしては、太ももの筋肉を意識してランニングしてみてください。骨盤から足を動かすような感じで、ジャンプして上に行くよりも水平に前方にエネルギーを持っていくようなイメージで走ってみるとふとともが使えるようになります。

 

特に冬場ジョギングをする時に重要なのは、できるだけ肌を外気にさらさせないようにすることです。ふくらはぎが冬の寒気に常に当たるような短パンでジョギングをしていると筋肉が硬くなってしまいます。そうすると血行が悪くなってしまって疲労物質がたまりやすくなり、痛くなってしまうのです。

 

そこでしっかりとふくらはぎがカバーできるような服装でジョギングするように心がけてください。最近では着圧ストッキングやスパッツなど、高機能なジョギング用品も販売されています。服装が変わることで、走る楽しみも増えるのではありませんか?

ふくらはぎ痛・むくみ・こむら返りを改善するサポーター

履いて寝るだけでふくらはぎを温める専用ウォーマー!!

こむら返りでお悩みの方に特におすすめ!!

累計販売数30万足突破の人気商品!!

公式サイトはこちら

   

つらいふくらはぎの疲れ・むくみ・冷えに

磁気・加圧・保温で血行改善!!

じわ〜っと効いてくる磁気医療サポーター!!

公式サイトはこちら