夕方以降にふくらはぎが痛むのは成長ホルモンが関係している?

仕事終わりにふくらはぎがむくんで痛くなるという症状を抱えている人はいませんか?夕方になるとふくらはぎがむくんで痛くなる人は、成長ホルモンが関係している可能性があります。

 

通常朝起きて仕事などの活動をして、夕方以降は自由時間という人が多いです。ということは、夕方になるとその日ずっとふくらはぎの筋肉を使い続けて緊張している可能性が高いです。その結果、夕方頃にはふくらはぎは疲労の極みに達している可能性があります。

 

このように体が疲労していると、疲労回復するために分泌されるのが成長ホルモンです。睡眠時を中心に、1日の体の疲労度が高まってくる夕方以降は成長ホルモンの分泌が盛んになると言われています。成長ホルモンが分泌されるとふくらはぎで何が起きるかというと、水分がふくらはぎに集中するのです。

 

これは疲労を中和するために起きる現象です。ところがふくらはぎの筋肉がそれまでずっと緊張していて、硬くなっているとリンパや血液の流れが悪くなっています。その結果水分の排出がスムーズにいかなくなります。このため、成長ホルモンによって集中した水分がそのままふくらはぎに残ってしまうのです。そしてふくらはぎがパンパンになってしまって、むくみや痛みにつながってしまいます。

 

もし夕方になるとふくらはぎがむくんだり痛くなったりするのであれば、水分を効率的に排出する方法を考える必要があります。そのために効果的なのが、リンパマッサージです。リンパマッサージとは、体の末端から体の中心に向かってさするマッサージ法です。そうすることでリンパの流れがよくなって、水分の排出がスムーズになりふくらはぎのむくみや痛みが解消しやすくなります。

ふくらはぎ痛・むくみ・こむら返りを改善するサポーター

履いて寝るだけでふくらはぎを温める専用ウォーマー!!

こむら返りでお悩みの方に特におすすめ!!

累計販売数30万足突破の人気商品!!

公式サイトはこちら

   

つらいふくらはぎの疲れ・むくみ・冷えに

磁気・加圧・保温で血行改善!!

じわ〜っと効いてくる磁気医療サポーター!!

公式サイトはこちら