エコノミークラス症候群は飛行機の中だけで起こるわけではない!?

エコノミークラス症候群という症状を耳にしたことがあるという人も多いはずです。飛行機の中のような何時間にもわたって同じ姿勢を続けていると、足の静脈の所に血栓ができます。この血栓が立ち上がった時などに血液の流れに乗ってしまって脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす可能性もある病気です。ふくらはぎの痛みや息苦しさから始まって、胸や背中の痛み、ひどくなると意識障害を引き起こして、命を落としてしまう事例も実際に起きています。

 

エコノミークラス症候群といわれると、飛行機の中で起きる症状というイメージを持っている人も多いです。しかし実際には、私たちの日常生活にもっと密着したところでも起きる可能性は十分にあります。例えば、最近ではどの業界でもパソコンを使った業務はあります。このため、1日中パソコンに向かってデスクワークをしている人はいませんか?

 

デスクワークの場合でも、1日8時間前後ずっと座って作業をしている形になります。飛行機の客席に座っているのと状況はあまり変わりません。このため、エコノミークラス症候群を引き起こす可能性は十分あります。

 

特に肥満気味の人や妊娠している人、糖尿病をはじめとして血液が固まりやすい体質の人、ピルを服用している人は注意が必要です。足に外傷を抱えている人や手術をしたばかりの人もリスクが高いと言われているので、注意しましょう。

 

エコノミークラス症候群対策は、とにかく血栓を作らないようにすることです。そのためには、足や足首を定期的にマッサージしてください。足の指を使ってグーパーを繰り返すのだけでも効果的ですし、膝を抱えた状態で足首を回すのも効果的です。いずれも座りながらできるので、仕事の合間に実践してみてください。

ふくらはぎ痛・むくみ・こむら返りを改善するサポーター

履いて寝るだけでふくらはぎを温める専用ウォーマー!!

こむら返りでお悩みの方に特におすすめ!!

累計販売数30万足突破の人気商品!!

公式サイトはこちら

   

つらいふくらはぎの疲れ・むくみ・冷えに

磁気・加圧・保温で血行改善!!

じわ〜っと効いてくる磁気医療サポーター!!

公式サイトはこちら