ふくらはぎの痛みの裏には重篤な病気が隠されている場合も?

こむら返りという言葉を聞いたことがある、あるいは実際に経験したことがあるという人も多いはずです。ふくらはぎが突然つってしまって、痛みがひどく症状が起きるとしばらくの間動けなくなる人もいます。しかししばらく我慢していると症状も収まってくるので、あまり気にしないという人も多いです。

 

確かにこむら返りはふくらはぎが極度に疲労しているとか、ミネラルが不足しているなどが原因の一時的な症状であることが多いです。しかし一部のこむら返りが実は重篤な病気のサインとなっているケースもあるので、決して軽視すべきでもありません。重篤な病気の中の一つに、閉塞性動脈硬化症という病気があります。

 

閉塞性動脈硬化症は一般の人はあまり聞きなれない病気かもしれませんが、足の動脈の血管が硬くなってしまう症状です。中性脂肪やコレステロールがたまることで血液の流れが悪化してしまうのが要因です。最悪の場合、足を切断せざるを得なくなることもある恐ろしい病気です。

 

ただし閉塞性動脈硬化症で足を切断してしまうのは、相当症状を放置して重症の場合に限られます。軽度の状態で発見されれば、内服もしくは注射を使った治療でも治癒する可能性は十分あります。ただしこむら返りなどふくらはぎの痛みの原因の中には、このような重篤な病気の兆候も含まれているということは頭の中に入れておきましょう。

 

ふくらはぎの痛みがずっとしばらくの間持続するとか、こむら返りになる頻度が多くなった、元の状態に戻るまでに時間がかかるようになった場合には注意しましょう。気になるのであれば、病院などの専門機関で一度しっかりと検査を受けてみましょう。

ふくらはぎ痛・むくみ・こむら返りを改善するサポーター

履いて寝るだけでふくらはぎを温める専用ウォーマー!!

こむら返りでお悩みの方に特におすすめ!!

累計販売数30万足突破の人気商品!!

公式サイトはこちら

   

つらいふくらはぎの疲れ・むくみ・冷えに

磁気・加圧・保温で血行改善!!

じわ〜っと効いてくる磁気医療サポーター!!

公式サイトはこちら